車椅子スロープゲートウェイ

FEVは、ブラウン・コーポレーション社に向けて、量産型車両用バスインターフェースモジュールを開発しました。ブラウン・コーポレーション社は世界最大手の自動車用モビリティー製品メーカーです。

この車椅子スロープゲートウェイモジュール(WRGM)により、ブラウン・コーポレーション社のアフターマーケット用スロープシステム(車椅子用、スクーター用)から、自動車のドアロック情報、安全情報、車両情報にアクセスできるようになりました。これにより、ギヤが入っている時にはスロープを出せないようにする、スライド式ドアをコントロールするなど、安全性や利便性を高めることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

WRGMには、開発用車両アプリケーションに使用するネットワークゲートウェイモジュールや車両バスインターフェースの設計において、ティア1サプライヤーとしてのFEVの経験が生かされています。

WRGMは、FEVのゲートウェイ3開発プラットフォームをベースとしたカスタム式モジュールです。このプラットフォームには、業界標準のネットワークプロトコルであるCANやLINを使用しています。WRGMについての公式発表はこちらをご覧ください。

お知らせ:クライスラー社のミニバンに搭載できるユニバーサル車椅子スロープゲートウェイモジュールの販売を開始しました。

モビリティー製品の架装について、詳しくはFEVまでお問い合わせください。