車両ネットワークの構造と妥当性確認

FEVの技術を利用すれば、お客様の車両に使われているすべての電子モジュールを間違いなく通信させることができるようになります。

FEVの技術者は車両ネットワーク構造を熟知しています。FEVは設立当初から車両の多重送信型通信技術に携わってきました。様々な通信プロトコルに関する豊富な実績を生かし、お客様の仕様構想、アプリケーション開発、妥当性確認をお手伝いします。FEVの技術を利用すれば、システムにかかわるすべてのコンポーネントを調和を保った状態で動かすことができるようになります。

ネットワーク妥当性確認試験

FEVでは、お客様のネットワークシステムの妥当性確認を承っています。妥当性確認は、マイクロプロセッサー、ECU、サブシステム、車両の各レベルで実施できます。

FEVの車両妥当性確認の例

  • 信号タイミング測定、信号レベル測定
  • モジュールオフセット状態での操作測定とパラメーター測定
  • 第三者による試験
  • 抵抗計測、容量計測
  • メッセージ伝送の捕捉と解析 

FEVでは様々な環境条件の下で試験を実施できます。詳しくはこちらをご覧ください。

FEVはこれまで、通信バスシステムの妥当性確認を幅広く手がけ、見過ごされがちな多くの問題を生産開始前に見つけ出し解決することに尽力してきました。

車両ネットワークの妥当性確認時に検出された問題

  • 仕様範囲外の信号ビットタイミングや信号ビット電圧レベル
  • 温度、オフセット、低電圧に悪影響を受ける信号特性
  • 不適正な仲裁や仲裁処理損失
  • 不適正なインターフレームタイミング(仲裁取消)
  • バス超過使用による挙動の不一致
  • 仕様範囲外のECU操作電圧
  • 低電圧時や電圧低下時における不安定な挙動
  • 予想外の状況下におけるECU覚醒およびネットワーク覚醒
  • 特定のECUやツールによるバスへのノイズ流入
  • メッセージの不適正なサイクル率、長さ、形式