モジュールとサブシステム

FEVは、お客様の電子制御モジュールの設計や生産をお手伝いします。システム構造の理解から現設計の仕様改善まで、あらゆる階層の相談を承ります。コンセプトからビルド、さらに試験や妥当性確認まで、FEVはそれらの電子機器を市場へ送り出すためにあらゆる設計や実装を行います。

FEVは、量産プロジェクト、プロトタイププロジェクトの両方で、ラピッド開発に力を入れています。FEVでは自動車メーカーの仕様(量産型含む)に基づいて、ハードウェアやソフトウェアを開発しています。FEVは自動車関連の国内外の様々なメーカーを契約を結び、お客様の製品に対する個々の要望にお応えします。また、自動車メーカーの開発事業にかかわるティア1サプライヤーの設計相談役としてコンサルティング事業も行っています。対象分野は、マイクロコントローラー、入出力設計、プリント基板レイアウト、車両バス関連業務、無線通信(ブルートゥース、WiFi、GPS、セル方式など)などです。FEVでは、特定のモジュールサブシステムを対象としたハードウェア設計やソフトウェア設計、および製品販売にいたるまでのティア1サプライヤーの支援などを行っています。

FEVのハードウェアおよびソフトウェア設計プロジェクトの例

自動車関連ティア1サプライヤー向け量産型モジュール設計事業

  • オイルポンプ制御モジュール
  • ハンズフリーモジュール
  • 着席認識モジュール
  • モーターギヤ制御モジュール
  • HVAC制御モジュール
  • ゲートウェイモジュール
  • テレマティクスモジュール
  • アップフィッターモジュール
  • パワートレイン制御モジュール
  • ハイブリッド制御モジュール
  • バッテリー制御操作モジュール

FEVの手がけた通信型車両制御モジュールと概念実証の例

  • テレマティクス制御モジュール(GSM、CDMA、 GPS、ブルートゥース、WiFi、CAN、アプリケーション)
  • ハンズフリー制御モジュール(BT、CAN、VR)
  • CAN2ブルートゥースゲートウェイ(ブルートゥース2.0、ブルートゥース4.0、OBDII、CAN)
  • Car2X OBE(CAN、GPS、DSRC、HMI、アプリケーション)
  • 通信型車両認証モジュール(WiFi、ブルートゥース、CAN、出入力、アプリケーション)
  • ヒューマンマシンインターフェースやアプリの設計および開発(Linux、QNX、iOS、Android)

FEVは、モビリティー架装メーカーやアフターマーケット機器メーカーと共同して、それらの機器の車両統合(プログラム管理、仕様、ハードウェア開発、ソフトウェア開発、機械設計、製造、試験など含む)を行っています。FEVの車両バスインターフェースやゲートウェイ機器はその一例です。

FEVはパートナーと共同し、特に自動車メーカーでの使用を想定して設計した次世代型テレマティクス制御ユニット(TCU)を開発しています。TCUの草分け的存在となるFEVの製品を使えば、組み込みアプリケーションを、スマートフォンやデスクトップからアクセス可能なヘッドユニットや周辺機器用アプリケーションへ接続できます。FEVのTCUプラットフォームには、組み込みOSとしてLinuxを使用しています。これにより、優れた自動車用プラットフォームを構築し、信頼性と安全性の高い接続技術を提供しています。

詳しくはTCUの製品詳細情報をご覧ください。

FEVのモジュール支援事業