テレマティクスとインフォテインメント

ヒューマンマシンインターフェース試験設備

ヘッドユニット、クラスター、センタースタック、ヘッドアップディスプレイなど、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)の試験や妥当性確認に、より早く確実で安価な方法をお探しですか?

FEVのHMIts(ヒューマンマシンインターフェーステストシステム)は、ユーザーインターフェース(スピーチ、ビデオ、タッチ、スマートフォンなど自動車のヘッドユニットやその他マルチメディア機器によく見られるもの)の妥当性確認における単調な業務を自動化するシステムとして特許を取得しています。技術賞を受賞したHMItsは、試験の種類や用途に合わせて簡単に環境設定でき、すべてのデータを記録して解析やバグ修正をすばやく行うことができます。

FEVは、映像化、音声認識、車両ネットワーク構築、その他数々の技術を駆使して自動化システムを開発し、近年のテレマティクス機器やインフォテインメント機器のユーザー操作部分の妥当性を確認できるようになりました。

 

 

このような作業は長い間すべて人の手で行われてきましたが、HMItsを使用すれば試験時間を67%削減でき、同時に信頼性を高め、投資利益率を5ヶ月以下に短縮することができます。

絶えず変化し続けるヒューマンマシンインターフェースの妥当性を確認するのに、信頼性、一貫性、コスト効率性の高い技術が必要だとお考えなら、HMItsこそお客様にぴったりの製品です。消費者が機器に対して不満を持つとき、ヒューマンマシンインターフェースのほうに問題があるという場合がほとんどです。FEVのHMItsを使えばそのようなことは起こりません。ライバルの一歩先を行く開発にぜひHMItsをお役立てください。

通信型車両

FEVは、自動車の電子システムに精通し、自動車メーカーの設計サイクルも熟知しています。この二つは、多くのテレマティクス企業やインフォテインメント企業によってもたらされました。FEVは様々な車両インターフェース設計、パワーモード配列、診断を行っています。またECUの試験や妥当性確認、テレマティクス機器の車両統合を行い、お客様をお手伝いしています。

FEVの代表的な通信型車両技術には、テレマティクスシステムテスターやヒューマンマシンインターフェーステストシステムがあります。エンドツーエンド設計、試験、妥当性確認など、FEVの通信型車両技術について、詳しくはこちらの動画をご覧ください。

通信型車両技術紹介ビデオ

テレマティクス開発、インフォテインメント開発

FEVグループ傘下のDGE社では、アナログ入出力、シリアルデータインターフェース、GPS、自律航法アルゴリズム、パワー制御、診断、低電圧差動伝送(LVDS)設計、CEデバイス統合など、多くのテレマティクス用アプリケーションやサブシステムを開発しています。

テレマティクス制御ユニット(TCU)      

FEVはパートナーと共同し、特に自動車メーカーでの使用を想定して設計した次世代型テレマティクス制御ユニット(TCU)を開発しています。TCUの草分け的存在となるFEVの製品を使えば、組み込みアプリケーションを、スマートフォンやデスクトップからアクセス可能なヘッドユニットや周辺機器用アプリケーションへ接続できます。FEVのTCUプラットフォームには、組み込みOSとしてLinuxを使用しています。これにより、優れた自動車用プラットフォームを構築し、信頼性と安全性の高い接続技術を提供しています。

詳しくはTCUの製品詳細情報をご覧ください。もしくはFEVまでお問い合わせください。

FEV の様々なハードウェアやソフトウェアの設計や技術には、多くのテレマティクス機器を使用しています。

テレマティクス試験設備

FEVのテレマティクス試験設備は「自律型」で頑丈に作られています。また、プログラム性と拡張性を備え、お客様のニーズに合うよう設計されています。

FEVテレマティクステスターの例