アフターマーケット事業

FEVでは、車両アップフィッターやアフターマーケットへの使用を想定した自動車メーカー認定の車両ゲートウェイ用モジュールの設計を行っています。

FEVのモジュールを使用すれば、自動車メーカー認定の車両ネットワーク信号にアクセスできます。この車両ネットワーク信号は、機器や電化製品を追加搭載した際、これらを正しく動作するために必要となります。これにより、自動車メーカーのデータバスとコスト効率よくデータ通信を行うことができます。またOSAGを使用すれば、アフターマーケット機器を通して車両データを監視し、様々なOEM機能を制御することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

FEVのOBDII車両バスインターフェースを使用すれば、業界標準のOBDIIインターフェースポートを経由して、コスト効率よくスムーズに自動車メーカーのネットワークシステムにアクセスできます。このOBDII車両バスインターフェースは、OBDIIに適合するすべての車両に接続することができます。対象となる車両は、米国では1996年以降のモデル、欧州では2003年以降のモデルです。

FEVは、お客様の要望に合わせてハードウェアソフトウェアの環境設定を行ったり、コンサルティング業務を行って、お客様のアフターマーケット製品開発を補佐しています。