01 カマル・アブラミ

インターンシップ

「教室から一歩出ただけで、
経験豊富なエンジニアに囲まれて学べるなんて。
準備万端で社会人生活をスタートできます。」

“イノベーション”

工学部の学生として、FEVでインターンシップができるのは貴重な経験になりました。FEVでは経験豊富な技術者の脇について、面白くてやりがいのあるプロジェクトで実務経験を積むことができました。それにみんな、他の技術者に対するように分け隔てなく私に接してくれました。

FEVで、才能ある素晴らしい技術者の人たちと一緒に仕事ができたのは幸運でした。FEVでの経験のあと、エンジニアリングへの夢と情熱が今までにないほどに強くなっています。

  

FEVのインターンシップ制度(米国) ― 米国ミシガン州オーバーンヒルズのFEV 北米では、世界各国の学生を対象としたインターンシップ制度を設けています。これはFEVの各技術施設にとっても、才能ある若い技術者を発掘できるまたとない機会です。FEVはアーヘン工科大学と提携して約20年前からこのインターンシップ制度を運営し、インターン生の多くを卒業後に正社員として採用しています。

FEVではインターンシップに参加する学生に高い基準を設けています。リーダーシップを発揮することや、自動車、特にエンジンに関する実習経験が求められます。今後の車両開発が抱える複雑な問題に向き合いながら成長したいという熱意はもちろん、高度な技術知識も必要です。FEVでは、このインターンシップ制度に参加する機械工学、電気工学分野の学生を常時募集しています。

最近工学部を卒業したインターン生のひとりは、こう話してくれました。「FEVのインターンシップは本当に勉強になりました。しっかりと育ててもらったおかげで、正社員になった今、落ち着いて実務に取り組めます。こんなにも知識が豊富で、親切で、プロ意識の高い技術者と一緒に働けるのがうれしいです。」

FEVのインターンシップ制度の利点

  • 英語力向上、アメリカ文化体験
  • 論文および学生研究プロジェクトへの利用可(対象分野:NVH開発、ガソリンエンジン開発、ディーゼルエンジン開発、電子と制御、ハイブリッド、車両統合)
  • インターンシップ期間一年
  • 有給、自動車および家具付アパートあり(他のインターンシップ生と共有)、航空券代補助、確定申告書作成補助