ベーシックモジュール

ベーシックモジュールでは、各モジュールに共通する機能と土台となるビルディングブロックを使用して、エンジンのサブシステムや丸一台分のエンジンモデルを構築することができます。ただしサブシステムに特有のモデルを修正することはできません。モデルを修正するには、内部パラメーターのジオメトリーをインポート済みの元のCADモデルに置き換える必要があります。その際CADモデルは、既定の原材料比重用に量質(質量、重心、慣性モーメント)を自動計算したものとして機能します。密度などの材質は、原材料データベースを使用してユーザー自ら定義できます。

ベーシックモジュールでは、モデリング補助機能として複数のツールを用意しています。プロパティファイルリスター機能では、お客様がモデル構築に使用したプロパティーファイルの一覧を表示します。ベアリングインスペクター機能では、モデルに使用した全ての軸受の公式一覧を表示でき、公式を変更することができます。パートインスペクター機能では、各コンポーネントを個別に確認することができます。

クランクトレイン用テストリグは精巧なつくりになっており、モデルを使ってクランクトレイン一台または複数台を、常に同じ速度で運転したり速度変化の激しい状況で運転することができます。ビルトインチューニング機能では、過酷な条件下でクランクトレインモデルを運転した場合のテストリグパラメーターを試算することができます。フリーロードアナルシス機能では、クランクトレインの平衡状態をサポートします。

使用できるビルディングブロック:エンジンを構成する全ての剛体部品、タイミングカプラー(トランスミッション比率固定)、制約軸受、軸受筒、環境要素(温度、圧力、粘度、気圧)、回転数センサー角度