アドバンスモジュール

アドバンスモジュールは、ハイブリッドマルチボディシミュレーションの世界へユーザーをいざないます。このモジュールでは、さらにリアルな動的解析を実現できるコンポーネントの数々を用意しています。

ハイブリッドマルチボディシミュレーションを使えば、連続運転時の影響や耐久性を解析することができます。解析には第三者ソフトウェアを使用し、時間による動的荷重の変化を利用します。FEV Virtual Engineはまた、柔軟体の統合をほぼ自動で行います。ノーダルリポート機能を使えば、柔軟体を残りのモデルへ結合するのに必要なインターフェースノードを簡単に計算できます。パートインスペクター機能では、柔軟体の位置を元あった場所に関係なく調整でき、また、柔軟体上のグルーバーチャルストレインゲージ機能では、疑わしい箇所のひずみを確認できます。