組み込みシステム開発

ソフトウェア構造

開発サイクルを短くという個々のお客様の要望はもとより、排出ガス規制や化石燃料不足に対応するため、現代のパワートレインは非常に複雑なものになってきました。その結果生まれた複雑な制御ソフトウェアの品質を確かなものにすることは、重要な課題となっています。
適切なソフトウェア構造は、仕様検討段階や設計段階における品質保証の要であり、エラーを未然に防ぐ鍵となる要素です。そのためFEVでは、組み込みソフトウェア開発に大きなメリットをもたらす「PERSIST」を開発しました。これは、個々の自律型システムに対応する再利用可能なソフトウェア開発のためのパワートレイン制御構造です。

PERSISTの利点

  • 再利用性:安定したソフトウェアコンポーネントインターフェースでプロジェクト間の協働を実現
  • 一貫性:同一設計の原則をすべてのプロジェクトに適用
  • 法令順守:あらゆる自動車ソフトウェア規格に対応(オートザー、ISO 26262など)
  • 効率性:単一構造により高度なツールチェーン自動化を実現

FEVでは、パワートレイン制御ソフトウェアに関わるすべてのプロジェクトにこのコンセプトを適用し、FEVのソフトウェア技術をお求めのお客様に付加価値を提供しています。