01 計測装置

空気質量計測装置AirRate

製品紹介

計測装置

質の高い試験の基本は各データの正確な計測です。FEVでは質量計測機能付の高機能な燃料計測装置や排出ガス計測装置を製造販売しています。これらの装置は様々なインターフェースやフィールドバス用インターフェースを多数備えており、既存のあらゆる試験設備に簡単に統合できます。

燃料消費量計測装置『FuelRate』

転向力を利用し燃料質量を直接計測

真空式空気質量計測装置『AirRate』

» 4つの計測点で極めて正確な計測を実現
» 広範囲な計測で単気筒から大型エンジンまで対応
» メンテナンスや適合作業の頻度を抑え長期にわたる連続稼働を実現

モジュール式シグナルインターフェース『IntegRate』

試験装置内の中央計測ターミナルを担う信号交流装置

排出ガス計測装置『FEV EmissionRate FEVER』

浄化前の排出ガスを計測する装置

排出ガス計測装置『FEV EmissionRate FEVER FTIR』

浄化前の排出ガスを計測する装置

潤滑油空気混入量計測装置『Aerometer』

Aerometerはエンジン運転中に潤滑油内の空気混入量を計測する装置で、過去10年以上にわたりFEVの代表的な技術として信頼を得ています。現在では、潤滑油への空気混入に関する潤滑系性能を開発、改善する標準機器として、世界中の自動車メーカーで使用されています。

『FEV Aerometer』手動解析用

  • 絶対測定方式
  • 手動計測(測定サイクル完了後に潤滑油の入ったメスシリンダーの目盛りを読み、空気混入率を付属の制御装置に入力)

『FEV Aero2Meter』新ベンチマーク

  • 絶対測定方式を継承
  • 完全自動計測
  • 潤滑油空気混入量マップ自動作成または耐久試験中の全ての値を記録
  • 加圧空気供給不要
  • 小型化を実現
  • あらゆる試験設備自動化システムに統合可
  • 油温上限:150度
  • 油圧上限:10バール

ターンキー式高速データ収集装置『OSIRIS』

OSIRISは迅速なデータ収集を実現した「ターンキー式」装置です。使用環境にすばやく接続でき、操作も簡単で、パワートレイン開発や車両開発のあらゆる開発段階で、パワートレインエンジニアリングのニーズに応えます。

  • 高性能、高品質、低価格
  • 時間と角度の両面で計測可、冷間始動や燃料噴射装置開発などにも対応
  • ノッキング、Pmax(最高燃焼圧)、IMEP(図示平均有効圧)、 CA50(燃焼位相)などあらゆる種類の計算を考慮
  • エンジン開発目標管理機能付

 

 

計測装置

製品詳細情報