01 コンポーネント試験とアプリケーション試験

FEV燃料噴射試験設備

FEV流体試験設備

  • パドルホイールを使ったスワール式風力測定およびタンブル式風力測定
  • 蜂の巣型スワール式風力測定
  • 設計、ソフトウェア、ハードウェアのカスタマイズ
  • ボア60~190 mm
  • 流量上限1,600立方メートル
  • 硬質ばね用バルブ自動調整

FEVオプティカル試験設備

  • 粒子イメージ加速(PIV: Particle Image Velocimetry)
  • LaVision社のPIVソフトウェアDaVisを使用
  • カメラレーザーとバルブリフトの自動ポジショニング
  • シリンダーヘッドやライナーを容易に交換可
  • 全フローフィールドを記録
  • Wタンブル、Wフロー非同期性検出
  • フロー安定性評価

FEV燃料噴射試験設備

  • ディーゼル、ガソリン用インジェクターに対応
  • 高圧スピンドルポンプ
  • 噴射一回ごとの計測
  • 観察窓付き圧力室
  • LaVision社のSprayMasterを使った噴射目標
  • インジェクター漏洩試験
  • NI社のソフトウェアLabVIEWを使用
  • 設計、ソフトウェア、ハードウェアのカスタマイズ
  • 中温制御

ターボチャージャー摩擦抵抗試験設備

  • 乗用車回転数:140,000 1/分
  • 重量車回転数:80,000 1/分
  • ベアリング力上限:乗用車1.2 kW
  • ベアリング力上限:重量車2.5 kW
  • 油温範囲:40~110度
  • 冷却水温範囲:40~110度
  • トラスト荷重範囲:-100~+100 N

ターボチャージャーローター慣性試験設備

  • 小型から大型まで対応
  • ホイールサイズ約DT = 30~90 mm
  • シャフトイナーシャ約J = 3E-6~4E-4 kgm2

機械式コンプレッサー試験設備

  • 効率の良いドライブパワー約P = 27 kW
  • 可変吸気条件:p1 = 0.5~2 バール、T1 = 15~150度

ターボチャージャー高温ガス試験設備

  • コンプレッサーとタービンを全自動マッピング
  • 小型から大型まで対応:0.01~1 kg/S
  • 高温ガス温度:T3 = 200~1,200°C
  • ダブルバーナー構造でツインスクロールタービンの不均衡なアドミッションに対応
  • 二段階システムマッピング
  • 車両パッケージサージ限界解析
  • 広範な圧力比マッピング(コンプレッサー閉ループ)
  • 可変吸気条件:p1 = 0.5~2バール, T1 = 15~150°C
  • 正確性と再現性を実現する広範囲な安定性計測と定常状態計測