ADASとCar2X

FEVは通信型車両用のADAS(先進型運転補助システム)やCar2X(車車間通信、路車間通信など)を、ハードウェア、ソフトウェアの両面で開発しています。FEVは、多くの通信型車両開発に携わり、要求定義や、ハードウェア設計、ソフトウェアアルゴリズム、アプリケーション開発から、試験や妥当性確認までを行っています。

車両自律運転モジュール

FEVの車両自律運転モジュールはDSRC(近距離無線通信システム)用制御装置で、柔軟でオープンなOBE(車載装置)プラットフォームです。様々なDSRC受信機を接続することができ、様々な用途や試験に利用できます。車車間通信や路車間通信などに使える機能として、緊急時の車両信号遮断機能、渋滞回避機能、道路状況認識機能、危険認識機能、能動的安全管理機能などを搭載しています。

このプラットフォームは、OBD-IIを利用して既存の車両用データバスに接続できるよう設計されており、相互動作性試験に最適です。ハードウェアやソフトウェアのシステム設計はモジュール式になっており、アップグレードや機能の追加が可能です。

使用例

  • 相互動作性試験
  • 自動車メーカーのデモンストレーション用車両
  • 公共セクターでの利用
  • フィールドデプロイメント
  • DSRC受信機試験
  • 車両安全
  • レトロフィット
  • 車車間、路車間などの通信やアプリケーションの開発

主な機能

  • DSRC受信機
  • GPS
  • ブルートゥース
  • WiFi
  • 個別アプリケーションプロセッサー
  • OBD-II車両データバスアクセス
  • ソフトキー表示式タッチスクリーンで自由に環境設定可能

Car2Xとコンサルティング

FEVは、お客様のDSRC用のアプリケーションや、要求、システム実装に対して、設計事業やコンサルティング事業を行っています。国や地方自治体とも共同し、実装環境や試験環境の準備、要求されるRSEと交通信号機制御装置のインストールや接続、データ通信用インターネットアクセスの提供、データの安全性保証、データアクセスの利便性保証などを承ります。

FEVは高層設計の視点に加え低層統合の知識も提供しています。実験的環境下でシミュレーションを行い、RSEやOBEとシステムの相互作用を向上したり試験することができます。FEVでは、自動車メーカー、ティアサプライヤー、アフターマーケットサプライヤー、公共団体などを対象にシステム設計事業やコンサルティング事業を行っています。

ADAS

FEVでは、ハードウェア設計、ソフトウェア設計、アルゴリズム開発、アプリケーション開発、試験、統合を行いADAS事業に対応しています。加えて、様々なADASコンポーネントやADASシチュエーションのモデリングやシミュレーションに使用できる自動試験装置の設計、開発、組立も行っています。

FEVはこれまで、製品の妥当性確認や様々な用途に向けたADASのベンチマーキングに携わってきました。FEVではこの実績を生かして、ADASのコンポーネントやシステムの検証、妥当性確認、統合を行っています。

FEVは、全体としてのシステムに焦点を当て、FEVの考える「通信型システム思考」という手法と技術を基に開発を行っています。FEVはこの手法を、これまで数々の国際展示会で紹介し、また自動車メーカーやサプライヤーとの様々なプロジェクトに利用してきました。

さらにFEVでは、ADAS、ハイブリッド自動車、電気自動車、パワートレインなど、様々な分野の電子系設計を対象とした、機能安全ISO 26262に関する事業を取り扱っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

FEVの製品や事業について、詳しくはFEVまでお問い合わせください。