コンサルティング

FEVは、自動車メーカー、ティアサプライヤー、アフターマーケットサプライヤーと協働して、電子系設計の改良や妥当性確認を行っています。ハードウェアおよびソフトウェアの専門技術を生かしてコンサルティング業務や設計業務を承り、お客様の製品開発事業をお手伝いします。モジュール設計や妥当性確認を速やかに実施できるよう、製品開発サイクルについて助言したり、プロジェクトの管理や調整を行うこともできます。FEVは、製品を複雑な車両システムに統合し正しく動作することを確認できるよう、お客様に様々な提案を行っています。

電子系モジュール開発

FEVは、自動車メーカーの仕様を満たすECUの開発や製造に関して、ハードウェア、ソフトウェアの両面で専門家による助言を行っています。ティア1サプライヤーと協働して、自動車メーカーが求めるECUの設計(ハードウェア、ソフトウェア)を行い、製品販売を開始するまでお客様をお手伝いします。FEVはまた、アフターマーケットサプライヤーの電子系設計プロジェクトについても助言を行い、製品を市場へ送り出すお手伝いをします。FEVは、車体電子系統、パワートレイン、テレマティクス、インフォテインメントバッテリー式電気自動車設計、ハイブリッド設計、サイバーセキュリティー、ADAS、車両ネットワーク構築のほか、通信型車両システムの設計全般においても専門知識と技術を備えています。

ハードウェアおよびソフトウェアの設計解析

電子系設計に関するコンサルティング事業

テスターと試験事業

テスターおよび試験ソフトウェアに関するコンサルティング事業

FEVは自動車用妥当性確認試験プラットフォームを開発しています。これは低コストで直ちに運用可能なパッケージ(グラフィカルユーザーインターフェイス、コードベース、ハードウェアベース)です。拡張性や互換性が高く、お客様の電子機器へ楽に搭載することができます。

統合と妥当性確認

FEVは統合試験や妥当性確認試験に関するご相談を承っています。FEVでは、お客様の製品に合う妥当性確認試験方法を提案し、車両、サブシステム、ECU、マイクロプロセッサーの各レベルで、数々の実績に基づく安全かつ独立性のある試験を実施しています。FEVは、お客様の製品が自動車メーカーの仕様に適うよう配慮し、カスタム性、厳密性、独立性のある試験計画を作成します。これにより、お客様のモジュールが車両内のあらゆるコンポーネントと「共存できる」かどうかを検証します。その際、FEVでは機能安全規格ISO 26262も考慮して試験を行っています。

お見積りなど、詳しくはFEVまでお問い合わせください。